Houdini 基本

データ階層に関して

20140413_04_1

root直下にはch,objなどの大きなカテゴリがあり、その中に各種ノードがぶら下がる。
オブジェクトは、トップが配置情報(Mayaでいうとtransformノード)
下に実際のメッシュ形状など、オブジェクトの振る舞いを決定づけるノード群がぶら下がる。(MayaでいうとShapeノード)
この中には編集履歴となるノードが並ぶ。

Network View

ノード同士の関連を見るには、Network Viewを使う
はじめに見えているのはオブジェクト階層と呼ばれる階層。
オブジェクト階層には
基本的には、ノードのタブルクリックでそのノードの中に入る。

20140413_04_2

↓ ダブルクリック

20140413_04_3

box1がボックスの初期形状を決めるノード
polyextrudeで面の押し出しを2回行い、そこで作られた形状の表面に沿うように、scatterノードを使って点を発生させている。

上位階層に戻るにはNetwork View左上の矢印を使う

20140413_04_4

または、以下の操作でも階層を行き来できる。

選択ノード内に入る i
一つ上の階層に上がる u

他のNetwork Viewホットキー

L 再レイアウト
A 全選択

など、後で別の項にまとめるかも

コメントを残す